ラウンドアバウト交差点 Roundabout Traffic

ラウンドアバウト交差点の注意点

オーストラリアは日本と同じ、左側通行、右側優先、スピードもキロメーター表示です。
日本であまり経験できないのが信号機の無いラウンドアバウト交差点。

ケアンズに限らずオーストラリアにはやたらに多い?気がします。
車の台数も少ないのでこの方がスムーズであり、信号機の電気代もばかになりませんからね。

基本!還流側優先です。

日本のロータリーは進入車両が優先ですが、ラウンドアバウトは還流している車両が優先です。
右側から車が来ていれば絶対進入しないということです。
また、ラウンドアバウトから抜け出るときは左折ウインカーを出しましょう。
自分はここで抜けると他の車に意思表示する事で車の流れがスムーズになります。

  • 1車線ラウンドアバウト交差点の注意事項
  • 2車線ラウンドアバウト交差点の注意事項
  • 広い2車線ラウンドアバウト交差点の注意事項の3項目にしました。


※安全運転の参考になればと思い、わたくし個人の解釈で記載しております。
政府発行の交通教本を元にした正規資料ではありませんので間違った解釈などによる事故の責任は持てません。
その旨をご理解いただいた上でお読みいただき安全運転の参考にしてください。

参考までに右側通行のラウンドアバウト走行デモ画像です。

イメージトレーニングしてください。

 


  • 1車線ラウンドアバウト交差点の注意事項

対向車がそのまま直進するのか右折するのか確認してから進入する事。
むやみに進入すると対向車が右折だった場合事故に繋がります。
右側の車がラウンドアバウト手前で一時停止している場合はさらに右側の車が既にラウンドアバウトに入ってきているからで、こちらとしては、進入するチャンスでありますが、落とし穴が・・・
右側の車の右側、すなわち対向車は直進なのか右折なのか?
右折ウインカー点滅なら右折をやり過ごしてから進入。 左折ウインカーなら直進なので、すぐ進入できます。
ただし、気の早い右側の車両がすぐ入ってくる場合、右優先なのでやり過ごしてから進入しましょう。

2車線のラウンドアバウトの場合の注意事項。
左車線は左折、直進が基本です。右折も出来ますが交通量や変形ラウンドアバウトでは制限されている場合があります。
(車線境中央の白線の引き方を確認しましょう)
右車線は直進か右折で左折は出来ません。
と言う事は、左車線の右折と右車線の直進でよく事故が発生します。
右折後は当たり前のように直進して抜け出るのではなく、早めの左ウインカーで特に左側の車両に抜け出る意思表示をします。
左の車両が右折してきた場合は、無理をせず、右にウインカーを出し続けて1周しましょう。
くやしー(>_<") けども・・・安全第1(^0^)ノ

広い2車線のラウンドアバウトの場合
右車線の車両のほとんどが直進するので、左車線からの右折は自殺行為です。
また、右車線にいて直進するときは左折のウインカーを出して直進する意思表示をしましょう。
よって、右折するときも右にウインカーを出しながらラウンドアバウトを右に周りますが、抜け出る時は直進と同様に左ウインカーを出しましょう。
左の車両が邪魔な場合は、やはり無理をせず、右にウインカーを出し続けて1周しますが、広いラウンドアバウトの場合では、ありゃりゃーーーと流され、まったく意思とは反対に希望していない別の道にツツーっと抜け出てしまう場合があります。
そんな時は慌てず、止まらず、次のラウンドアバウトまで気長にドライブをして、右車線&右ウィンカーで、ぐるりとUターンしましょう。

おまけ。
内側の車線の車は右にウインカーを出し続ければぐるぐるぐるぐる周れます。
出るときに左にウインカーを出して出て行くと言う考え方です。
すぐ慣れますが気をつけて(^_^)/~~~~行ってらっしゃーい。

ps
若気の至り?で過去に3.5周で直進しました! (`Д´)」イエー
みんな思い出に1.5周の直進をしちゃうんだなー、でもぐるぐる2周以上は警察に見つかるとたぶん逮捕されます。
よい子は2周でやめましょう。


追加情報